企業ロゴとブランディング

menu

企業ロゴとブランディング

HOME » 企業ロゴのデザインとは » 企業ロゴとブランディング

企業ロゴはブランディングにも関係します。
これを意識するときはそのことも含めてデザインを考えることも大事ですね。
ブランディングとは何かというと、簡単にいえばブランドを作っていくことです。
大手企業や有名なショップなど、そちらの商品やお店などが有名なブランドになっていることも多いでしょう。
これを一から作っていくことをブランディングといいます。

その一環で役立つのが企業ロゴです。
有名なブランドになっているお店や商品にはその企業のロゴがついていることも多いですよね。
これはそのお店や商品が確かにそのブランドのものという証明にもなっています。
これのおかげでたくさんあるショップや商品の中から、そのブランドのものを見つけられるのです。

また、ブランドは単なる目印としての効果があるわけではありません。
そのブランド自体の人気や知名度が高まると、そのブランドを持っていること自体が一種のステータスとなります。
そのステータスとしての効果を高めるためにも、その商品に企業ロゴがついていることは大事なのですね。
そのロゴのおかげでそのブランドを利用していることが自他ともによくわかり、ステータスとしての効果も高まります。
このようなことでブランドには企業ロゴがアイコンとしてよく使われますから、これからブランディングをしていきたいならそれを見据えて企業ロゴを作るといいのですね。

そのために大事なのは、ブランドのイメージと企業ロゴの路線を一致させることです。
たとえばブランドの路線としてよくあるのは高級感ですよね。
これから作るブランドをそのような高級路線にしたい場合、そのロゴも高級感を感じさせる出来にするのが基本です。
そのためにはあえて非常にシンプルな図形にしたり、落ち着いた色だけを使用したりといったことが有効です。
そのブランドをもっと親しみやすいものにするなら、ロゴに丸みを持たせたり、カラフルにしたりといった対応が向いていますね。
どちらにしてもブランディングのためのロゴなら、そのブランドの路線に合わせたデザインにするのが基本です。

そのためには企業ロゴを作る前にこれから作ろうとしているそのブランドの路線を決めないといけません。
ご紹介したような高級感や親しみやすさのほか、そのブランドの特徴として決めている路線があるなら、それを強く意識したロゴを作ってください。
そのようなロゴを作ってお店や商品に使っているとブランディングもやりやすくなります。
そのロゴの効果もあってブランド化に成功しやすくなりますよ。