企業ロゴのデザイン方法

menu

企業ロゴのデザイン方法

HOME » 企業ロゴのデザインとは » 企業ロゴのデザイン方法

自分で企業ロゴを作るためにはもちろんですが、依頼してロゴを作ってもらうときにも、どんなデザインがいいのか多少のアイデアは練っておきたいこともあるでしょう。
これら企業ロゴのデザイン方法はどうやるといいのでしょうか?

具体的なデザインの方法ですが、まずはどんなロゴを作るのか、そのポイントを考えるのが基本です。
企業ロゴはどんなデザインでもいいわけではなく、その企業を表すふさわしいアイコンとなるのが理想です。
そのためアイコンで表現したいその企業の理念といったものを含め、それをイメージさせるようなデザインとするのが基本となります。

これが基本的なデザインの方法となりますが、頭の中でだけ考えてもいいイメージがまとまらないこともあるでしょう。
そのようなときは紙に案を書き出してみるのがおすすめです。
基本的な企業ロゴの具体的なデザイン方法となりますよ。
下書きの段階ではどんな紙に書いてもOKです。
たとえば使用したコピー用紙の裏面などを使っても構いません。
そちらに現段階で考えているデザインの案をいくつか書いてみてください。

この方法のいいところは、紙とペンがあればすぐにできることです。
最近はイラストなども電子データで作成するのも主流になっていますが、こちらは専門の機器や使用の慣れなどが必要になります。
普段からこのような電子データ上でのイラスト制作をやっている方でないと、これら方法でイラストをうまく描けないことも多いですよね。
まだ下書きの段階の企業ロゴ制作でそのような専門機器などを無理に使う必要はありません。
紙とペンを使って簡単にアイデアを出してみてください。
なんとなくでもいいアイデアが出たと思ったら、それを電子データ上で作成していくのもおすすめです。

実際に完成したロゴをいろいろな場面で使っていくには、最近では電子データが必要になることも多いです。
紙媒体で完成させたロゴをあとで電子データ化することもできますが、最初から電子データ上で作成できればその手間も省けます。
また、電子データ上で作成すると、制作作業中の調整や修正などが非常に簡単です。
この点からも正式に企業ロゴデザインを完成させていくときの方法としては、できるなら電子データでの作成がおすすめですね。

なお、アイデアを出す段階はともかく、実際にデザインを仕上げたり、それを電子データ上で行ったりするのは難しいこともあるでしょう。
そのようなときはプロに依頼するといいです。
紙に書いたいくつかの案を電子データ上で仕上げるといった対応には応じられますから、自力での対応が難しくなったら依頼を考えるといいでしょう。