企業ロゴデザインのポイント

menu

企業ロゴデザインのポイント

HOME » 企業ロゴのデザインとは » 企業ロゴデザインのポイント

企業ロゴをこれからデザインするとき、どのように作ればいいか、そのポイントがまったく想像つかない方もおられるでしょう。
すでに他社などで使われているロゴを見ると、とにかくシンボルマークとなるようなアイコンを作ればいいように見えるかもしれませんが、これも思い付きで作るのではなく、押さえたいポイントがいくつかあります。

まずはその企業の経営理念やコンセプト、想いなどをデザインに込めることです。
これはイメージが少し難しいポイントかもしれませんが、たとえばその企業が遊び心などを重視する会社なら、デザイン全体に丸みをつけてみたり、原色に近い赤といった色を使ってみたりと、遊びを連想させるようなデザインにすると、遊び心という経営理念を受けたデザインとなりますよね。
企業ロゴはその会社とまったく関係のないものではなく、その会社を表すアイコンとなるものです。
その会社の経営理念やコンセプト、それらから生まれる会社の雰囲気などと関連性が見出しにくいものよりは、それら会社の理念や実態などをうまくデザインで表したものの方がふさわしいデザインとなりますね。
これは基本的なポイントとして覚えておくといいでしょう。

ただ、そのロゴを誰が見るのかも意識することが大事です。
その企業が主な顧客としている相手や、取引している法人などいる場合も多いですよね。
それらの方たちから好まれるロゴとすることも大事です。

たとえば主に一般の消費者を相手にしており、その中でも特に若い女性のお客さんが多い場合、かわいいロゴや少しおしゃれなロゴなどにすると興味や好感を持たれやすくなります。
若い男性消費者が主な顧客となるなら、カッコよさを意識したロゴやシンプルなロゴにした方が興味や好感を持たれやすくなりますね。
そのような一般消費者ではなく、主に法人と取引をするのなら、ビジネスシーンでも違和感などが出にくい落ち着いたロゴが向いています。
このようにそのロゴを見るのが主に誰になるのかといったことも、企業ロゴデザインを作るときに押さえたいポイントになります。

このように企業ロゴを作るときには、どんなイメージで作り、それを誰が主に見るのかといった条件から逆算してデザインしていくと、効果的なロゴが作りやすくなりますよ。
ただし、これは非常に基本的なポイントになります。
細かいポイントはほかにもたくさんあり、たとえば視覚的に見えづらくなる色の組み合わせは避けるといったことも押さえる必要があります。
これら技術的なポイントもしっかり押さえたいときにはデザイナーなどに企業ロゴの作成を依頼すると安心です。