企業ロゴデザインの事例

menu

企業ロゴデザインの事例

HOME » 企業ロゴのデザインとは » 企業ロゴデザインの事例

企業ロゴをデザインするときにどのようなものを作るか、まったく想像がつかないこともありますよね。
そのようなときに有効なのが他の企業ロゴの事例を参考にすることです。
これらを制作して自社のアイコンとして使っている企業は多いですから、ロゴの事例はたくさんあります。

いくつかご紹介しましょう。
ある企業のロゴですが、非常にシンプルな出来となっています。
ロゴのタイプとしては文字を使ったもので、その会社名がシンプルに文字として並んでいるだけのロゴとなっています。
しかしロゴとしての見栄えの良さにも配慮されており、その会社名を示す文字の色が工夫されているのです。
すべてが同じ色となるわけではなく、複数の色を組み合わせています。
これにより会社名を示す文字だけのロゴですが見栄えもいいロゴになっているのです。

このように文字を使ったロゴの制作事例はほかにもあります。
別の飲食店のロゴになるのですが、こちらは少し高級なお店となるため、それをロゴで表すためにまずアルファベットでお店の名前が書かれています。
そしてその文字も流れるような筆記体で書かれており、少し高級でおしゃれなお店になることがロゴでもわかるようになっているのです。

このような文字を使ったロゴと、図形やイラストを組み合わせているロゴもあります。
ある企業のロゴなのですが、まずはその会社の名前がロゴに入れられています。
こちらは少し細身の文字で書いてありますが、フォントとしては一般的な文字としてもよく使われるものです。
文字の色も黒一色で特に特徴的ではないのですが、その会社名のロゴの上に図形が入れられているのです。
使われているのはいくつかの大きさの円形となり、色も明るい色が使われています。
この図形部分のおかげで、ただの会社名だけの企業ロゴよりも少しおしゃれに見えるというロゴになっているのですね。

このように会社名を示す文字をロゴとして使うのではなく、主にイラストとなる企業ロゴももちろんあります。
ある企業のロゴになるのですが、三日月状の形を複数組みあわせ、しかもそれぞれの色を変えるというロゴになっています。
形としても特徴的ですし、色使いも鮮やかですから目に留まりやすく、覚えられやすいロゴになっていますね。

このように企業ロゴのデザインの事例はたくさんありますから、これらはいい参考となるでしょう。
ただし、ロゴを作るときは他社のロゴに似ていると問題になることがあります。
参考にするのはいいのですが、それらに似すぎないように注意してください。