企業ロゴデザインの著作権

menu

企業ロゴデザインの著作権

HOME » 企業ロゴのデザインとは » 企業ロゴデザインの著作権

企業ロゴデザインを作るときに気をつけたいのが完成品の著作権についてです。
ロゴデザインをデザイン会社などに依頼して完成させることも多いでしょうが、その場合の著作権はどうなるかというと、実はそのデザイン会社や実際に制作を行ったデザイナーにある場合もあるのです。
あくまで自社の依頼で作ってもらったデザインで、そのための料金もきちんと払っている以上、著作権も依頼人となる自社で引き取れていると思われがちですが、必ずしもそうではないのですね。
そのため実際に制作の依頼をするときには著作権の扱いをどうするか、その内容をよく確認することが大事です。

デザイン会社やデザイナーなどが制作した企業ロゴの著作権とは、そもそも譲渡可能なのかというと、これは可能です。
そのような譲渡の手続きをきちんとしたり、その譲渡自体を制作の依頼に含めたりすれば、完成した企業ロゴの著作権は依頼人となる企業に属すことになります。
それをしなかった場合はどうなるかというと、基本的に著作権はその制作物を作った方に属すのです。
そのため企業ロゴをただ作ってもらっただけだと、そのロゴの著作権自体はまだデザイン会社やデザイナーなどに属していることもあるのですね。

著作権が自社にない企業ロゴを使っていると、その著作権者から権利を主張されて使用できなくなるのではという不安もあるでしょう。
そのようなトラブルが起きないように最大限配慮する会社やデザイナーが多いですが、トラブルがまったくないわけではありません。
その企業ロゴをどのような目的にでも自由に使える状態にするために著作権を自社で持っておきたいときは、依頼時に著作権の取扱いについて打ち合わせをし、依頼人となる企業側に譲渡してもらうように設定するといいです。

なお、これは無料でできるとは限りません。
たとえ依頼によって作った制作物でも著作権はそれを作った方に属すため、そのデザイナーなどが持っている権利をあとから譲ってもらう形となるためです。
そのための料金が必要になることもありますね。

ただ、この点はデザイン会社やデザイナーなどによっても対応が変わるところで、最初から著作権を依頼人に譲渡する条件で依頼を受けている場合もあります。
そのときは特に意識しなくても完成した企業ロゴの著作権は企業側に属すことになります。
このように完成した企業ロゴの著作権は原則的に依頼人となる企業が持てるわけではありません。
著作権をきちんと自社で持っておきたいときは依頼時に必ずこの権利の扱いをきちんと決めておくといいでしょう。